HOME>info>自分の目で確認!保育士求人に応募する前に実際の職場をチェック

保育士の一日

保育士は、子どもの世話をすることがメインの仕事ですが、保護者の方への対応や、行事の支度等色々な雑務もあります。子供の面倒をみながら、お昼寝の時間などの空いた時間を見つけて、連絡帳の記入やお便りの作成なども行います。

私立保育園と公立保育園の違い

教育方針がユニークな私立も

私立は公立保育園に比べ、差別化を図る為、英語教育やリトミックに力を入れるなどユニークな教育方針を取るところも多いです。

公立は保育士の転勤がある

公立の保育園で働く保育士は、地方公務員になり、雇用条件が安定しているため、ベテランの保育士が多いです。また自治体内の保育園間での転勤があります。

長く務めることが出来る環境の職場を選ぼう

男性保育士が増えてきたとはいえ、やはり女性の方が多い職場と言えます。となると、妊娠出産後も働ける体制が取られているところも多いです。やはり、折角務めるのなら、先々のことを考え、できる限り長く働ける環境の職場を選ぶことが大事です。

ブランクがある保育士から寄せられる質問

男性と女性

保育士の需要は高いのでしょうか?

保育の現場は慢性的な人手不足を抱えている状況で、千葉でも保育士の需要は高まっています。

昔と今とで保育のやり方が変わっているのでは?

各自治体が、保育士復職支援のためのセミナーを行っているので、活用する手もあります。

体力的にきつくなってしまったのではないか?

正規職員ではなく、パートタイムの職員として働くという手段もあります。

求人情報はどこで見ればいいの?

インターネットでも保育士専門の求人情報サイトが充実しています。

自分に合った職場が探せるか不安です

コンサルタントやアドバイザーからのアドバイスをもらえる転職サイトもあります。

自分の目で確認!保育士求人に応募する前に実際の職場をチェック

面接

求人に応募する前に保育園を見学しに行こう

保育園の方針によって、園の環境は大きく変わってきます。求人情報にのっている情報では、給与面や福利厚生などの条件は確認できても、なかなか園の雰囲気までは伝わってきません。実際に保育園を見学し、その園の特色を肌で感じて、自分の求める職場環境にあった保育園か確認することが大事です。保育園の広さなども、写真などではわかりにくく、実際見てみたらイメージと違うということも多いです。

広告募集中